モータースポーツマスター

広告マーケットプレイス

森と水のエコクイズ2010

ブログ

  • edita
    ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

pagerankar

ROBOT

Amazon

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

gooブログから

思い出の記事 Part6

今回で最後!!

過去記事に触れちゃいけない!!
いい教訓になりました~(*^▽^*) ニョホホ




イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part6 今度こそ完結?編
(2008-08-07 13:55:53 gooブログより)




  つづき 其の5・・・ご訪問ありがとうございます。
            猪編(実録)は続き物になっております 
            よろしければ パート1から順にお願いします
            お楽しみいただけましたら幸いでございます。

いいかげん 話を前に進めよう。。

殺ラレル前に殺ルとは!!
相手が動かないのであれば こっちから仕掛ける!
相手のおかぶを奪って 玉砕覚悟で突進してやろうというのだ!!
キャロルには申し訳ないが 犠牲になっていただこう。
  

この時の私には 甘い思惑もあった。
これだけの大物イノシシを仕留めれば 
軽自動車1台くらいにはなるだろう(。-∀-)ニヒ♪・・・と
ここが鳥獣保護区と言う事も忘れて・・・( ̄O ̄;

  


決戦の前に呼吸を整える。
  
よし!! 1・2・3でスタートだ!!
いや!?? 1・2・スタートか?
3をどうする!! 言うか言わないか・・・悩むところだ。。

覚悟は出来た。行くぞ!!
右足をブレーキペダルからアクセルへ
サイドブレーキ解除
1・2・3GO!!!!!
ぶぅおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉー・・・。。・・・(゚∀゚;)
しまったああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーヽ(゚Д゚;)ノ!!
ギアがPに入ったままだったのだ・・・Σ(O_O;)Shock!!
人生最大の失態だ!!・・・私の人生が今 幕を閉じる。。

んっ!?
敵は私など見ていない!!
私の進行方向に顔が向いてる!! なに??
ワァオオオオーンU^ェ^U ワァオン!!! ワァオン!! ワァオン!!

犬の声が聞こえる!!
あっ!! 賢次郎だ!!
キャロルのエンジン音を聞きつけてきたのか!?

  
  ここで「賢次郎」の説明をしておこう!
  
  「賢次郎」とは健一郎家の牧場で放し飼いにされている
  かなり凶暴ではあるが 賢い雑種犬なのだ!!
  この1年位前に私が子犬と勘違いして拾ってきたのだが
  それくらい体長が小さく 今も変わらない?
  特技は人のアキレス腱に咬み付く事!!
  甘咬みなのだが かなり痛い( T_T)
  名前も健一郎より賢いと言う事で「賢次郎」と私が命名した!
  だが健一郎家では「ランボー」と呼ばれている。。

賢次郎出現に猪が色めき立つ!!
巨体を賢次郎に向け臨戦態勢をとる(((( ;゚д゚)))アワワワワ
その時!!
バキッ!! バキバキッ!!! ミシッ。。
キャロルのボディが悲鳴を上げた!!
猪の身体がキャロルを 振り向き様に押したのだ
冷や汗が出た。。 出たのは汗だけだっただろうか!?(-ω- ?)
生きた心地がしなかった。。

どうなる!? 賢次郎までやられてしまうのか!!?

 



だが 結末は呆気なかった!!
  
臨戦態勢に入ったと思われた猪の思わせぶりな態度は
なんと 逃げの体制だったのだ!!
賢次郎の姿が20mほどに迫ったその時
意外にも猪の姿は昇り斜面の藪の中へ消えたのだ!!
賢次郎もその後を追って行った!!

 





しばらく放心状態がつづく。。
頭の中が混乱していた。。
  




恐怖は去り現実が姿をあらわす!!
キャロルを発進させ 走りながら私は思っていた。
修理代はどこから出るのだろうかと・・・。。

あれからもう5年!!
賢次郎の姿はあれ以来見ていないが
どこかで元気にしてるだろうか?・・・o(TヘTo)
  
  

  (え~~っ(゚∀゚;) )
  
  
  
                 






                 ・・・完"(≧0≦*)ノ"""








追記
さて!!次はどの記事をコピーしようか!!( ´艸`)ムププ

            

思い出の記事 Part5

あと2回!!
もうしばしのご辛抱とお付き合いを!!"r(^^;) ポリポリ








イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part5 もしかして完結?編
(2008-08-07 12:53:15 gooブログより)







  
  つづき 其の4・・・毎度ご訪問いただきありがとうございます。
            猪編(実録)は続き物ですので
            よろしければ パート1からお願いします。
            サクサクッと完読して下さいましたら
            こちらまでお帰り下さいませ~♪
            
 

PART5に突入し 終盤 大詰めを迎えると思う…が
完結するかどうかは
私の気分次第で決まるのであしからず!!(。-∀-)ニヒ♪

  

  *今回( )の中の言動は
  過去の私が 現在の私へ投げかけた
  メッセージだと受け止めて欲しい!!
  ふつう逆やろがあぁ"(-""-;) ブー"これである!!

  

仔マンモス…いや 仔マンモスのような大猪!!
前方わずか1mで微動だにしない
もしかしたら剥製じゃねぇの(・_・;
なら触ってみろや!! 死ぬぞ!!
  





どうする!?
  


実はもうすでに 私は決断を下していたのだった!!

ここで 私が考えていた
いくつかの対処法を解説しておこう!!

まず!! 先にも述べたが バックで逆走する!!
これはかなり危険な行為である事は 前述の通りで不可能に近いのだが
実際には イノシシを前に急停車した時
私は無意識ではあるが ギヤをRレンジに入れている!
これは逃げる為ではなく
直ぐにでもイノシシが体当たりしてくるであろうと
瞬時に察し 衝突の瞬間バックして
衝撃を緩和しようと考えていたのだ!!・・・と
今になってそう思う(^^ゞ
その通りだ( ̄○ ̄)/やっぱりぃ(。-∀-)ニヒ♪

ほんとは逃げる為だったと思う。。
…その通りΣ(-_-;)やっぱりぃ(; ̄ー ̄A

とにかくこの案は却下!!
  

お次は・・・
キャロルを乗り捨て すたこら逃げる。。(;゜0゜)
車を壁に 後方へ逃げられるなら この案は有りだ!!
ただし車外に出られればの話。。
  
助手席側は登り斜面 ドアは開かない。。
運転席側は下り斜面 一歩踏み出せば転がり落ちる。。
うまく転がり落ちればいいが 無事では済むまい。。。 
 
数日後 串に刺された
さぞかし美しい姿で発見されることだろう!!( ̄O ̄;
新聞ネタにはなりそうだが・・・却下!!

後は・・・
いたって簡単!! クラクションを鳴らして
威嚇して追い払う。
これが一番良い方法のように今なら思えるが
当時の私には余裕がなく 深読みしてしまったのだ。。
音に反応したイノシシが
逃げるのではなく怒りに任せて突進してくるのでは…と。。
イノシシの生態を知らなかったから(-_-;今も知らないけどな(; ̄ー ̄A
と言うわけで 何となぁく・・・却下!!



そして 弾き出した答えはこうだ!!
  
殺ラレル前に殺ル・・・だ!!!!
満月を見て大猿に変身するのか?(゚Д゚;)
(・0・。) ほほーっその手もあったなぁ。

  
Photo_3
はいはい。。またまた拝借画像ですよ。。


せやけど朝やで(-ω- ?)…満月はもっと先やし…( ̄ヘ ̄)ウーン
振っておいてそれか"(-""-;) ブー"まあいい!!
だいたい大猿に変身など出来る体質ではない。。



100歩譲って変身できたとしても
誰が尻尾を切ってくれるのだ 元の姿に戻れないだろΣ(-_-;)
ここには いつも腰に刀をぶら下げた 
やじろべぇの様な物騒な少年は居ないのだ!!

  

いったい何の話をしているのだ(-ω- ?) 
 
私は少々お疲れのようだ。。
  

      
             

         と言う事で・・・休憩ε-(ーдー)ハァ
          
          


         強引にパート6へ・・・つづく(*^▽^*) ニョホホ







追記
今回は少し手を入れてしまった。。
でも・・・修正しきれない。。(^^*ゞ ポリポリ

思い出の記事 Part4

今回を含め残り3編。
この記事を選んでUPしたことを後悔しはじめています。。(-_-;

段々とオフザケモードに。。
まっ!!若気の至りと思ってお許しを!!




顔文字以外はオリジナルフルコピー
意味不明なところは軽く流し読みしてくださいね!(^^ゞ





イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part4
(2008-08-05 15:04:35 gooブログより)




  
  つづき 其の3・・・いきなりこちらへ入られた方は
            お手数ですが パート1へお回りください。
            そしてパート2・3まで完読されましたら
            退席しないで こちらまでお帰りください。

            トップページへお越しの方は
            スクロールしてパート1からどうぞ!!

キャロルの前方1m
毛むくじゃらの岩が・・・
  

いや違う!?
マンモスだ!! 正確には・・・(;゜0゜)仔マンモスだ!!!!
ありえないって?
この時の私にはそう見えたのだから ほっといて欲しい( ̄ヘ ̄)

耳は豚耳!!
鼻は短く やっぱり豚鼻!!
毛むくじゃらで おまけに小さな牙!!
どこをどう見てもマンモス いや仔マンモスだった(゚Д゚;)
  

私の家の裏山は鳥獣保護区だ!! 
仔マンモスがいたってなんら不思議はないのだ!!(・0・。)
そりゃあ イノシシだろーがぁ(゜∀。)
うるさい!! わかっとるわ!! だまっとれp(`ε´q)ブーブー
  

ひとつ説明しておこう!!
 ( )の中の言葉は私の心の声であり
 現在記している場面は
 数秒 いや数分間の中で直面した
 恐怖の中での私の心理状態ならびに
 パニクッた思考を なるたけ忠実に
 記憶の中から呼び起こして書いている為
 言動 行動が支離滅裂になっているのだ!!(; ̄ー ̄A

 現在 書いている私も
 どうまとめていいのか
 軽くパニックに陥っている(・∀・;)

話を戻そう!
  


今みなさんが仔マンモスだと思っているこの生物!!
実は・・・





Photo_2
補足
またまたオリジナル写真を削除したのでgoo検索より拝借。。


猪だったのだぁヽ(゚Д゚;)ノ!!みんな知ってるさ~Σ(-_-;)
  


この猪 か・な・リ デカい!!!
  


至近距離 それと
車内から見てるからかもしれないが
こいつの顔を見る私の顎が上を向く!(゚Д゚;)
見上げているのだ!! 

もしかして・・・もしかしなくてもキャロルよりでかい。。
オデッセイで来ればよかったぁ。。
などとほざいている場合ではない!!
  

はじめてだった。。
こんなでかい猪をみるのは!!
  

とにかく逃げなきゃ・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ
ヤ・ラ・レ・ル・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!
  

だが。。 
逃げ道など無い事は、私が一番良く知っていた・・・(;´Д`)ウウッ…
  

細くて危険な獣道。。
逆走するなど至難の業だ。。(-_-;
ハンドル操作を少しでも誤れば
楽にあの世に行ける。。
楽に??? 楽に行けるなら選択肢の一つだが・・・(゚∀゚;)
この時の私には そんな大人の考えは出来なかったo(TヘTo)
  


この後 私は
残りの人生を賭けた決断をする事になるのだが・・・(・0・。) ほほーっ
  

                




           パート5へ…つづく(*^▽^*) ニョホホ







追記
穴があったら入りたい(o-_-o) モジモシ

思い出の記事 Part3

まだまだ続きます"r(^^;) ポリポリ


コピーは前編完了していますが
一気にUPするのも勿体ないのでやめときます!

予約投稿で1日1篇!!
今日は10月8日かな?
台風が上陸してるかな~?
この日、私用で出かけていると思います。
訪問が出来ないと思いますのでお詫びしておきますね~
d(>∇<;)ゆるちて♪


イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part3
(2008-08-04 15:23:17 gooブログより) 


  つづき 其の2・・・いきなりこちらへ入られた方は
             お手数ですが パート1へお回りください!
             そしてパート2まで読破されましたら
             退席しないで こちらにお帰りください!

             トップページへお越しの方は
             スクロールしてパート1からどうぞ!!

  
  
季節の頃なら 確か秋口だっただろうか?
9月か?10月か?
そのあたりの記憶は曖昧だが
本題には関係してこないのでどうでもいいだろう。
(なら書くなΣ(-_-;))
  

牧場に向かう目的は・・・(先にも書いたが) 
この年の冬に結婚する健一郎に祝儀を渡す為と
牧場整備の為に駆り出されたから仕方なくだった。。
そしてもうひとつ!!
昨晩から牧場で健一郎パパと飲んだくれて戻らない
私の父を(こやつらは兄弟なのだ)
ついでに連れ帰る使命を 母より受けていたのだ!
  

この日の作業に この2人も頭数には入っていたのだが
当然!! 戦力にはならないだろうと諦めていた。。
  
事実!! 健一郎と2人 
汗だくだくで夕方作業を終えるまで
このバカ父2人の顔を見る事は無かったのだ"(-.-"")凸 ウリィー"

書いてる途中で思い出した!!
9月だ!!
そういえば残暑がもの凄く厳しかった
だが・・・ 
本題には関係してこないのでどうでもいいだろう。
(なら書くなってΣ(-_-;))

  
朝6時 キャロルに乗って出発!!(やっと(・∀・;))
  
前日 5時過ぎには行くと連絡しておいて
きっちり寝過ごしてしまった。。

お手伝いに行かせていただく身ではなく
手伝いに行ってやるという 優位性立場なのだから
寝坊したからといって焦る必要も無い!!('∩')
  
キャロルのボディをいたわりながら
時速10km/hで
とっても細くて とっても危険な獣道を突っ走った!!

早朝の薄暗さのせいもあったと思うのだが
この獣道、1日2日通らないと 景色が随分変わる!?
草木 特にススキの伸びが異常に早かった。。

まとわり付くススキに注意を払いながら進む!
  
出発して15分くらい経過していただろう。
右前方約150m程に 
最初にチョンボが横転した地点が見えてくる
すれ違いの広場だ!!
そこを過ぎさえすれば、 牧場の入り口まで100mを切る!
私は この時点でかなり安堵感に浸っていたのだC=(^◇^ ; ホッ!

すれ違いの広場まであと100m
  
あれっ? 何?? 岩!!?

落石だと思った!!それもかなりデカイ!!!
すれ違いの広場を塞ぐように落ちてる。。
通れないかも・・・。。。

落石まで50m

えっ!? 今 少し動いた??
ススキが邪魔だった。。
  
落石まで30m

やっぱり気のせい?

落石まで20m

うそっ(・∀・;)

落石まで10m

おいっ(・∀・;)(・∀・;)

落石まで2m

うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっヽ(゚Д゚;)ノ!!

キャロルは停車した!!
前方1m
岩が動いて道を塞いだのだった(゚Д゚;)

            

       パート4へ… つづく(*^▽^*) ニョホホ





追記
稚拙でまとまりの無い文章。。
これは現在も変わりませんが!(^^ゞ
この先も大げさで回りくどい文章が続きます!( *´艸`)クスクス

               

思い出の記事 Part2

前記事の続きです!
今回を含め、後5回続きます!
お付き合いをよろしく~"r(^^;) ポリポリ

イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part2
(2008-08-03 12:50:50 gooブログより)


  
  つづき・・・いきなりこちらへ入られた方は
        お手数ですが パート1へお回りください!!  
        続き物なので・・・

        トップページへお越しの方は
        スクロールして下へどうぞ!!
  

さあ!! それでは話の中枢に向けてテンポアップして行こう!!
  
と 思ったが・・・
その前に 獣道について補足しておくことにする。

獣道と言ってはいるが 野生動物が往来する道ではない!
れっきとした人工道なのだ!!
  


みなさんは「チョンボ」を知っているだろうか!?
麻雀用語のことではなく 工事などに使われる重機の事だが
「ユンボ」の小型番を 私の地域ではこう呼んでいる。
正規の名前など この際どうでもいい。
(知っている人がいたら こっそり教えて欲しい。)

これがチョンボなのだ!!
Photo
補足(当時の写真が無いのでgoo検索から拝借。。
同型だがもう一回り小さかったかな?)




何を隠そう!! (何も隠しちゃいないが。。)
私と私の父 健一郎とその父の4人で
このチョンボ一台を誰が運転するかジャンケンで決めながら
完全に遊びながらではあったが・・・
わずか7日間で造り上げた 思いで深ぁい道なのです!
  


素人集団ながら細部にも気を配り
出会う筈もない対向車の為に、すれ違いの広場まで!!
それも3kmの内 7箇所も作る念の入れようだ。

この7箇所という数字が・・・ 

チョンボが横転した回数と一致することなど・・・



我々以外 誰も知るはずもない!!
(あっ!! 隠してた(; ̄ー ̄A)

  



では キャロルを発進させようか!! 

            

         

        ・・・パート3に つづく(*^▽^*) ニョホホ

追記
今回も当時のままの文章ですが・・・
なんだか・・・生意気な文章ですね~
ブログ2ケ月未満のくせに!!Σ(-_-;)

  

思い出の記事 Part1

更新間隔がどんどん広がる。。
書きたい事が見つからないから仕方ないですね~


と言うことで!!

( ̄▽ ̄:) エッ? どう言うこと?



(; ̄ー ̄Aいやいや。。手を抜くつもりはないのですが
今日はgooブログから記事の転記です!
今回を含め6回続きます!!( ´艸`)ムププ

だって仕方ないでしょう~
シリーズものなんだから~(。-∀-)ニヒ♪


で!!今日コピーする記事なんですが
僕にとっては、大切な作品なんです!!
ブログを開設して初めてコメントが付き
やっとブロガーの仲間入りが出来たと思えた投稿です。


現在、記事内容とは環境も年数も変わっていますが
あまり手を加えず当時投稿した時のままのフルコピーです!!

ただしgooブログ特有の絵文字を使えませんので
かなりイメージが違うかもしれません。
当時使っていた写真も削除したようで・・・。。

まっ!!初めて目にされる方の方が多いでしょうから
気にはしてませんが!!



あっ!!それから
この記事に関して、コメントは腹一杯なので受け付けてません。。
ご了承くださいね~



では!!どうぞ~♪



イノシシに纏(まつ)わる恐怖体験Part1
(2008-08-02 18:17:26 gooブログより)



もう5年前の話になる。
この年の冬に 従兄弟でもある幼馴染が結婚したのでよく覚えている。

   



記憶を辿る前に 私の住んでいる環境を説明しておきます。

家の玄関を出ると 開(ひら)けた町並みが広がり
歩いていける距離に 大手スーパー コンビニ 
電車も近くを走っている。
車で10分も走れば(ぶっ飛ばせば)高速にだって乗れる! 
話が話だけに
田舎じゃないぞ!って言っておきたいのだ!!

だが…
家の裏手は山がそびえ立つ!!
おまけにこの山、鳥獣保護区に指定されているのだ!!
何が出ても不思議はない。
実際 イタチ 狸は頻繁に顔を出し
雉(きじ)が屋根に止まっていることさえある。
民家に被害はないが、 稀に猿が柿を盗み食いすることもある。
ウサギを飼っている家も見かけるが すべて野ウサギなのだ!!
(断っておくが ウサギは捕らえたものではなく保護したものだ!!
と、飼い主は市の職員を前に言い張っていた。。
昔の話だ!!)

  

そう!!
この話の舞台は この裏山である。

先に話した従兄弟の名前は「健一郎」
私は 彼に会う為に 
この日 家族所有のマツダキャロルに乗って裏山へと入っていったのだ。

彼の家族は この山を3K程登った辺りに牧場を営んでいた。
当時は牛2頭にヤギ2匹の小さなもので
なにが牧場だ!!と よくからかった。
(現在は30頭を超える牛を飼育している。
よくもここまで出世したものだ。)

話を少し戻すが
キャロルで牧場を目指したのには理由がある。
牧場へ向かう道は幾つかあり
舗装道もあれば 未舗装の山道もある。
これらを通るにはかなり迂回しなければならないため
私が利用したのは このどちらでもなく
我が家から牧場まで通ずる獣道!!  
この道!!
軽自動車でも 気を緩めると
路側の草木にボディを切り裂かれてしまう。。
とっても細くて とっても危険な道なのだ!!
(ここは 後々ポイントになるところなので、しっかり覚えておいて欲しい)



当時 私はオデッセイに乗っていた為
この道を通るときには 
家族所有のキャロルに犠牲になってもらっていた。
という訳なのだ!!

      

        

      Part2へ・・・つづく(*^▽^*) ニョホホ近日UP

追記
やっぱり絵文字が無いと・・・成り立たない。。か? ( ̄ヘ ̄)ウーン

     

手抜き!! gooからコピー(;^_^A

いえいえ。。手抜きではありません!!Σ(;・∀・)

gooサイトから、記事の引越しが出来ないようなので

今までgooブログに投稿してきた記事の中の

僅かなお気に入り記事を、順次ココログに移そうかと!!(゚ー゚;

丁度ネタもなく、新記事投稿の予定も無いし・・・(・∀・)ニヤニヤ

gooサイトからお越しの方の目には一度触れているかも!!

絵文字以外は完全フルコピーですから

スルーして頂いて構いませんよ~

もう一度読み返して感動したい方は、どうぞお好きに♪( ´艸`)プププ

タイトル『忘れられないジジイの教え』(gooブログより)

家庭の事情で岡山の母の実家に
次女の姉と2年弱預けられていたことがあります。
当時の僕は、周りの同年代の子供に比べ
どこか違って見えてたのか
ジジババに「もっと」「らしく」と言われ続けていました。
もっと子供らしく!!
現役の子供に向かって「子供らしく」とは?

そして事あるごとに
「お前は運のええ子なんじゃ~!!」と・・・?
それがどういう事なのか、どういう意味なのか
何を根拠に言っているのか?
当時の僕にそんなことを疑問に感じる知恵などあるはずも無い!!
でも今なら何となく分かります。
僕の出世時の出来事に起因してるのだと!!

呼吸停止で生まれ、その後蘇生した事を
出産に立ち会ってた2人には
強運な子としてインプットされたのでしょう~
あるいは、不敏に感じていて
「もっと子供らしく!!」
「お前は運のええ子なんじゃ~!!」と
エールのつもりで、すり込んでいたのか!?
ならば2人の思惑は大当たり!!
その後、成長した僕は、誰よりも悪戯に励み
そして今でも、自分は運の良い人間だと思ってる!!
三つ子の魂百まで!!か?

ジジイの言葉で、忘れられずに・・・
いや。。ジジイが他界した時に思い出した言葉がある!!
僕はその言葉を今でも信じている。

「人間、死ぬ時はチャラなんじゃ~!!」(゚0゚)

人生の中で、窮地に追い込まれ、どん底を味わったとしても
その後には必ず、味わった苦しみを帳消しにする幸運が待っている!!
例え今、幸せの絶頂にあっても
どこかに落とし穴が、必ず口を開けて待っている!!
人生は良い事ばかりじゃない!!
悪い事ばかりでもない!!
この世を去るとき±0で終る!!と言う意味なのだが・・・

この言葉は多分、思いつきでも
ジジイが悟りを開いた訳でもないだろう!!
きっと誰かの受け売りだと思う。
もしかすると宗教的教えにあるのかもしれない。
でも僕に教えてくれたのはジジイだ!!
ジジイの言葉として、教えとして信じていたい。

幼少期の何も分からない時にじゃなく
今、ジジイに人生の教えを請いたかった!!

物心が付いた時期に、親元を離れていても
ちっとも寂しくなかった。
仕事の合間合間に付かず離れず、ジジイがそばにいてくれたから!!
でも、人間形成の大事な時期に
ジジイの影響を受けたせいで、僕の性格が歪んだのかも!!
(# ̄З ̄)責任取れや~!!
な~んてね。( ^ω^ )

成仏してるか~!?
返事くらいしろや~!!(*`ε´*)ノぐふふっ(o^-^o)

   ではまたヽ(´▽`)/

      来世で会いましょう~( ´艸`)プププ

          
         ほんじゃあね~(TωT)ノ~~~ バイバイ

スキマスイッチ『雫』

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へにほんブログ村 人気ブログランキングへ

ランキングに参加させて頂いております♪

皆様からのポチで 僕の捻じ曲がった根性が真っ直ぐに!!

な~んて、ありえない。。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ♪

カウンター

お気に入り

ランキング

  • blogram投票ボタン